P10

【会場の風景◆




会場北側の西端まで来ました。レグナムエリアではその多くがカスタマイズされており、見所がたくさんありました。

会場西端のレグナムエリアから南側に歩くと右手にはギャランフォルティスのエリアです。MMF2010京都では約30台のギャランフォルティスが参加しました。2007年の登場以来、世界中で販売されているグローバルなセダンです。一昨年、フォルティスにスポーツバックモデルが加わり、情報の交換と交流がますます盛んに行われていました。



会場西端の通路を北から南に歩いています。右手のギャランフォルティスエリアの向かいには三菱が世界に誇るオフロードカー、パジェロのエリアです。
パリ・ダカールラリーでは2001年から四輪部門総合優勝の7連覇を達成しましたが、2008年を最後にパリダカから撤退、復活が待たれます。
本日の三菱『愛着』を前面に!の記念品交換ではパリダカチームのキャップ、Tシャツ、フリースがプレゼントされました。
何れも非売品です^^



ギャランフォルティス、パジェロエリアを見ながら西端の通路を南下し会場の南側に来ました。東へ真っ直ぐ歩けばステージがある場所です。
ここでは歴代のデリカが勢揃いしていました。デリカは全体で130台を超えるエントリーがあり、単一の車種ではMMFにおいて参加台数が多い車種です。
カスタマイズの幅も広く、インチアップ、ローダウン、キャンプ仕様など同じ車種とは思えないほど個性的な車がありました。