【会場の風景Α




三菱の最高級車プラウディアやディアマンテ、ギャラン、レグナム等のセダン系を中心のエリアです。

【上段左・右】
街中では殆どみかけなくなったプラウディアとディグニティーは三菱最高級連合を中心に6台が集いました。
整然と並んだ光景は迫力があり、多くの方が足を止めカメラに収めていました。



新旧ギャランやギャランのステーションワゴン版のレグナム等の乗用車のエリアです。今は絶版となってしまったレグナムでは20台以上、ギャランにおいてはラリーで活躍していたモデルから、新型のフォルティスまで幅広く参加していただきました。どのオーナーも三菱への愛着と三菱車への拘りが感じ取れます。



アイやekワゴン、トッポ、ミニキャブ等軽自動車のエリアです。
車は小さくてもとても大きな存在感があります。
殆どの車種についてオーナーズクラブが存在しているのも三菱車の特徴です。
MMFでは、その多くのオーナーズクラブが集う大規模なオフ会の一面を持っています。


また、開会式終了後の午前10時30分から閉会式の過ごしはまちまちです。MMF主催の催しへ参加しなければ終始まったりとした時間が流れていきます。